勉強会6(グランビルの法則)

グランビルの法則
移動平均線をもちいたテクニカル分析の手法に、「グランビルの法則」というものがあります。
グランビルの法則は、アメリカはウォール街の著名な株式アナリスト、ジョセフ・グランビル(Joseph E. Granville)があみだした、株価と移動平均線の位置関係を利用した手法です。
彼はもともとウォール街のいち記者だったらしく、そこでいろいろな株式理論を発表し有名になったそうです。

8つの売買ポイント

グランビルの法則は、株価と移動平均線の位置関係を、移動平均線の状態と株価の動きをふまえて見たものです。
なんだかとてもややこしく聞こえますが、上の文は無視して下の画像をご覧ください。
granville.gif
赤マルと青マルがそれぞれ4つづつあります。これがグランビルの法則の「8つの売買ポイント」です。
それでは、それぞれを説明します。
■ 買いポイント
(1) 下向きだった移動平均線が、横ばいか上向きになり、株価が移動平均線を上に突き抜けたら買い
(2) 上昇している移動平均線を株価が下まわった(割り込んだ)ものの、ふたたび移動平均線を突き抜けて反発したら買い(押し目買い)
(3) 上昇している移動平均線の上で、株価が下落したものの、移動平均線に触れずに反発したら買い
(4) 下降している移動平均線を株価が大幅に下まわり(割り込み)、乖離が大きくなったら買い(リバウンド狙い)
■ 売りポイント
(1) 上向きだった移動平均線が、横ばいか下向きになり、株価が移動平均線を下に突き抜けたら売り
(2) 下降している移動平均線を株価が上まわった(越えた)ものの、ふたたび下落して移動平均線を突き抜けたら売り
(3) 下降している移動平均線の下で、株価が上昇したものの、移動平均線に達することなく反落したら売り
(4) 上昇している移動平均線を株価が大幅に上まわり(越えて)、乖離が大きくなったら売り
文中に出てくる「乖離」とは、ここでは株価と移動平均線の差(チャート上でいうと距離)のことです。ふつうは「移動平均乖離率」として%(パーセント)を使ってあらわします。

               株価 − 移動平均値
移動平均乖離率 = ─────────── × 100 (%)
                 移動平均値

株価が移動平均線よりも上にあれば乖離はプラス、逆だとマイナスです。
グランビルの法則のひとつのまとめとして、乖離がマイナスに大きくふれたら買い、プラスに大きくふれたら売りなさいということをいっています。もうひとつの重要点は移動平均線と株価の絡みです。
乖離が大きくなりすぎたから買い・売りというのは、RSIやストキャスティクスの買われすぎ・売られすぎと同じようなものですね。

グランビルの法則の注意点

グランビルの法則は、もともと200日移動平均線をもとにあみだされたものです。ちょっと期間長すぎです。
これは、ダマシを極力おさえるための設定です(と僕が勝手に思っています)。
というのは、テクニカル指標には次のような傾向があるからです。

・ 期間を短く見つもれば売買サインは頻発し、ダマシも増える
・ 期間を長く見つもれば売買サインは減少し、ダマシも減る

そんなわけで、かならずしも、グランビルの法則がどの銘柄、どの移動平均線を対象にしても有効であるとはかぎらないのです。
というか、これはテクニカル指標をあつかう場合に理解しておくべき当然のルールといえますね。
グランビルの法則をつかうときには、その銘柄がいまどの移動平均線を意識して動いているのか?その移動平均線は自分の投資法にあった期間とマッチしているか? などを考えてつかいましょう。
そしてもちろん、グランビルの法則ひとつに頼りきるということはさけるべきです。
posted by kenn at 16:38 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

勉強会5(デッドクロス)

デッドクロス
チャートを使った分析で、基本的で有名なものに、デッドクロスという指標があります。
これまた、ゴールデンクロスと同じように、株式市場に参加しているひとたち、ほとんどみんなが知っていることなので、ぜひ覚えておいてくださいね♪
そんなわけで、下のチャートをご覧ください。
9427dead.gif

株価に沿っている
赤い線が25日移動平均線(短期の移動平均線)
緑の線が75日移動平均線(長期の移動平均線)


チャートの黒丸の部分を見ると、25日線と75日線の2つの移動平均線が交差しているのがわかると思います。

このように、短期の移動平均線が、長期の移動平均線を、上から下に突き抜ける形に交差(クロス)している状態を、「デッドクロス」といいます。
上のチャートの場合は、25日(短期)の移動平均線が75日(長期)の移動平均線を突き抜けています。
このデッドクロスが出ることは、その銘柄はこれから下がっていく兆候だといわれています。つまり「売りのサインが出ている」ということになります。

デッドクロスってホントに下がるの?

ただ、これもまたゴールデンクロスのときと同じように、盲目的に信じてはいけません。
デッドクロスが出たからといって、素直に下がっていくとは限らず、そのすぐあとに逆に上がっていく場合もあります。
いくら売りサインだといっても、デッドクロスだけを頼りに売買するのは危ないんですね。

テクニカルは組み合わせ

売りサインのデッドクロスが出ても、逆に上がることがあるかもしれない。それではどうするべきか?
その対策としては、

・ ほかの複数の指標と組み合わせる
・ (デッドクロスなどの)サインの後の流れを見極めてついていく

というふうな工夫などをすることです。
いろんな指標(サイン)を使うにも、組み合わせなどの相性もありますし、いろいろ経験を積んで、あなただけのオリジナルの組み合わせを見つけるのもひとつの楽しみですね!
実践あるのみ!株を楽しみましょう〜♪
posted by kenn at 16:28 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。