勉強会4(ゴールデンクロスとは?)

ゴールデンクロスとは?
チャートを使った分析で、基本的で有名なものに、ゴールデンクロスという指標があります。
これは株式市場に参加しているひとたち、ほとんどみんなが知っていることなので、ぜひ覚えておいてくださいね♪
そんなわけで、下のチャートをご覧ください。
84371.gif

株価に沿っている
赤い線が25日移動平均線(短期の移動平均線)
緑の線が75日移動平均線(長期の移動平均線)

チャートの赤丸の部分を見ると、25日線と75日線の2つの移動平均線が交差しているのがわかると思います。
このように、短期の移動平均線が、長期の移動平均線を、下から上に突き抜ける形に交差(クロス)している状態を、「ゴールデンクロス」といいます。
上のチャートの場合は、25日(短期)の移動平均線が75日(長期)の移動平均線を突き抜けています。
このゴールデンクロスが出ることは、その銘柄はこれから上がっていく兆候だといわれています。つまり「買いのサインが出ている」ということになります。

だまし

でも、ゴールデンクロスだけを盲目的に信じてはいけません。
テクニカル指標には、「だまし」と呼ばれるものが存在します。ゴールデンクロスにもこの「だまし」があるんです。
それは簡単に言うと、「ゴールデンクロスをしたのに上がらないで、むしろ下がる」ということです。買いサインのはずのゴールデンクロスが出たのに、その後下がってしまうことがあるんです。
それはなぜかというと、ゴールデンクロスは、あらかじめ予想しやすいサインだからです。
上のチャートを見ても、ずばりクロスする前に、「もうすぐクロスしそうだな〜」といのがわかると思います。クロスする前の、25日線がだんだん75日線に近づいているところがハッキリわかりますよね?
「ゴールデンクロスになれば、それを見て買ってくる人達がたくさんいるかもしれない。そうすれば株価は上がる。ならば、その前に買ってしまえば、ゴールデンクロスになった後の上昇でより儲けられるじゃないか」
と、こう考えた人達が”ゴールデンクロスになる前”に買ってくるんですね。
そうすると、その人達にとっては、ゴールデンクロスしたところがいい売り場になるわけです。
そうやって、「だまし」が発生してしまうので、いくら買いサインだといっても、ゴールデンクロスだけを頼りに売買するのは危ないんですよ〜ん。

後についていく

買いサインでも下がることがあるなんて、じゃぁ、どうすればいいんだよ!?
その対策として、僕は、

・ 複数の指標を組み合わせる
・ (ゴールデンクロスなどの)サインの後の流れについていく

というふうにしています。
ゴールデンクロスの他にもいろんな指標があるので、それらと組み合わせて、最終的に判断する。
あるいは、ゴールデンクロスした後の動きを見て、その流れに乗る、という感じです。
たとえば、ゴールデンクロスしてそのまま素直に上がれば買い、「だまし」があって下がっていけば買わない(または売る)というようにしています。
そういったサインが出た後はふつうはトレンド(相場の流れ)があるていどは続くので、わかりやすいんです。
(つまり、株価が上がっているならそのまま上がり続け、下がっているならそのまま下がり続けやすいという意味です(^^)v)
なので、この方法でやると、大きく利益をとることはできませんが、けっこう安定感はあります。
 
 
posted by kenn at 15:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。